SOURCE objects

BLOG

New Wish Charms2008.05.16 Friday



 少し前のことになるが、北海道から知人が訪ねて来てくれた。2,3か月前だったと記憶している。彼は訪れてくれる度に気を使って手土産を持参してくれるのだが、そのときは今では幻のと付けたくなる「白い恋人」だった。どうも、その頃から北海道では数量限定で発売を再開されていたらしい。白い恋人に対して特記するほど大好物と言う訳ではないのであるが、このときばかりは2,3割増しでありがたく、そして美味しく感じてしまう。味覚とは五感で味わうものであるということだろう。
 
 早速お茶を入れ、いただいた白い恋人をお茶菓子にお互いの近況報告をしあう。立場も近い仲なので彼の話に真剣に耳を傾ける。そんな最中、眼は(もしかしたら気も)手首に巻かれたWish Charmに行っていた。確かFeatherを着けてくれていたような、、、ここの記憶が曖昧だ。。。 Wish CharmはSOURCEで扱う数少ない男性でも使っていただけるモノである。ボクもその昔着けていたことがある。ただ、どちらかと言えば女性的なモノであるかと思っている。お店ではもう少し男性にも楽しんでもらえるようなモノを多く扱っていきたい、オープン当初からずっと思い続けていることなのだが、思いの外、それに見合うモノに出会えていないのが現状。そんなことが思い出され、前回の注文の際にWish Charmの新しいチャームの中からシンプルな丸いチャームを頼んでみた。そしてそれが最近入荷してきた。これなら、より男性にも楽しんでもらえるだろうか?

Wish Charm ¥5,775- から

Antique Lace2008.05.10 Saturday



 ゴールデンウィークまで写真美術館で開催されていたマリオ・ジャコメッリ展を見過ごした。目と鼻の先、こんなに近くで開催されていたのに悔やまれる。。。そしてこちらはゴールデンウィークから始まったバウハウス展、これは観に行きたい。 大小様々ではあるが、このところ興味をそそる展覧会や行きたいイベントが多い。しかし、あまり足を運べていないのが現状。自分の出不精のせいであるのは重々承知である。

 久しく出向いていなかった国内の代理店を覗いてみた。「なんか面白いモノないかな?」そんな気分でである。久しぶりだったせいだろう、どれも新鮮に映り、あれも、これも、と物色が止まらない。気がついたらテーブルには一山出来あがっていた。そこで、ちょうど同席した友人が「綺麗なレースがある」と教えてくれた。そろそろ予算が気になってきていたが、まだ見れていないコーナーだったので、行ってみる。幾つかの丸いレースは時代を経ているからだろう、少し日に焼けて淡い白といった感じ。そして見れば見る程その細かい仕事ぶりに目が釘付けになる。母親の実家の電話機の下にはこんなモノが敷かれていたなあ、と思い出が蘇ってきたが、やはり手仕事の風合いが違う。聞くと、ルーマニアのアンティークなんだとかで、「やっぱり」とひとり納得する。結局、予算オーバーはお構いなしでお買いもの(仕入)。それ以上に良いモノが見つけられたと満足。

 バックミンスター・フラーが言っていたのが思い出される。
 「Think Global, Act Local.」
 バウハウス展は早々に出かけようと思っている。

Antique Lace from Romania ¥3,150-から

Semi-Precious Stone Necklace2008.05.01 Thursday



 3月にインドに行った時に会う予定だったLenaとはニアミスで会えず。その後連絡を取り合って、「こんなのあったら良いと思うけど、できる?」、「ここはこう変えられないかな?できない?」なんてコミュニケーションを何度か繰り返し、その成果が届いた。

 定番的に扱ってきている天然石のブレスレットは今回レナが新しく見つけた石の中から幾つかセレクトさえてもらって、さらに以前から石と石の間に結び目があるのが気に入っていたので、すべてそうしてもらって、さらにさらに日本向けに1cm長さを短くしてもらって、などなど小さなリクエストを聞いてもらった。
 そしてそのブレスレットを長くしてもらい、ネックレスを作ってもらえないだろうか提案。これはレナにとっても初めてだったようで、乗る気満々。快く引き受けてくれ、天然石のタイプ、ケシパールを使ったモノなどを試験的に作ってもらった。

 完成したとの知らせのときに「いい出来よ。」と、レナからのメッセージ通り、いい出来になったと満足している。
 
New Arrival
Semi-Precious Stone Necklace
Large Moonstone Necklace
Keshi Pearl Necklace

価格変更のお知らせ2008.04.29 Tuesday

 ガソリン価格の高騰がメディアを賑わしています。そして実は金(ゴールド)相場も激しく上昇を続けています。

 そのおかげで長らく定番的に取り扱ってきているMelissa Joy ManningのHoop(ピアス)の現地価格改正がありました。そしてそれに伴いSOURCEので価格も変更せざるえなくなりました。

 また昨年よりスタートしたローズカットダイヤモンドを使ったSOURCEのオリジナルジュエリー、スタートより半年を過ぎた今、チェーンやパーツの変更、石の見直し、ボリューム感の調整などのマイナーチェンジを行い、こちらも一部価格の改正をさせていただきたいと思います。金価格の高騰も影響がありますが、それ以上により良いモノへの挑戦としてご理解いただければ幸いです。

 金の高騰については、経済の不安的な時代に投資家が金を買い漁るからだ、という話もありますが、時代の変化にかかわらず金の評価がそれだけ確固たるものであることの現れなのかとも思います。そしてそれよってSOURCEでも販売価格の変更のお知らせがあることは残念ですが、普遍的な美しさを持ったゴールドはきっと長く愛されて楽しんでいただけるモノであることと信じ、伝えていきたいと思っております。
 
 新価格はゴールデンウィーク明けの5月7日より適応させていただきます。それ以前のご注文に関しましては旧価格でのお取り扱いとさせていただきます。また価格変更を予定しているアイテムで現在在庫のないモノもございますが、価格改正前にお問い合わせ、ご予約いただいた方には再入荷の際に旧価格にて販売させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 今後とも宜しくお願いします。

SOURCE
info@source-objects.com

マルセイバターサンド2008.04.25 Friday



 朝、正確には昼前と言った方がいい時間帯。お店に来る前に時間があった。そんな時、歩いていて、偶然七味唐辛子が切れていることを思い出した。前に頂いた信州・善光寺の八幡屋礒五郎が気に入っていたのに、底をついていた。確か恵比寿の三越で売っているのを覚えていたので、オープン前に寄ってみることにする。 目的のモノを以前と変わらない場所にあって、特に探す訳でもなく難なく手に入れられた。お会計を済ましてもまだオープンまでには時間があったので、食品売り場をパトロールしてみることにする。地下2階のちょうど中心辺りに自分のお気に入りスペースがある。そこは食品売り場のセレクトショップ的な装いと言えば分かりやすいだろうか。決して大きなスペースではないながら、日本各地から選りすぐられたお菓子類が並んでいる。例えば、山梨の信玄餅があったり、愛媛の山田まんじゅうがあったり、はたまた北海道ミルクキャラメルなんて、駄菓子のようなものもセレクトもあったりといった感じである。そのフラットなセレクト感が気に入っていて、楽しい場所である。そこに近づいてみると、ロイズのポテトチップチョコレートが目に入った。今は北海道フェアを開催中のようである。こういう類のモノはその場に行って手土産に買ったり、頂いたりする方が有り難味があって良いに決まっているだろうが、これだけ一堂に、しかも恵比寿で並んでいる姿を目の当たりにすると、スイッチがオンになってしまう。冷蔵庫の中にマルセイバターサンドを発見。都内のデパートに行っても見かける機会がないし、これから飲もうと思っていたコーヒーに合うに決まっている。今日はこれをいただくことにしよう。

 北海道フェアは5/1まで開催中とのことである。ゴールデンウィークの密かな楽しみになることだろう。すみれのラメーンが目下の候補だ。

マルセイバターサンド/10個入り ¥1,100-

Antique Charms2008.04.21 Monday



 海外へ買い付けに行っては打ち合わせ前の時間を使いフリーマーケットへ。お店のディスプレイになりそうな道具や、何に使ったものか?得体の知れないモノでも「これ使える!」なんてモノを物色する。どんなにタイトなスケジュールだろうが、これは楽しくて止められない。ライフワークのようなものだと理解している。
 古いモノと新しいモノ、そして国境を超え文化もミックスしてみる。これ、お店をしている自分としては楽しみのひとつである。

 インドのアンティークディーラから譲ってもらったアンティークのチャームたち、たぶんインドの古いモノだと思う。ゴールドの色が抜けたもの、凸凹になってしまったもの。みんなそれぞれ独特の個性を感じる。お持ちのネックレスにぶら下げたてみたり、もちろん他にアレンジできるんだったら、なお楽しそうである。
 楽しい物事は共有したい。

Antique Charms ¥9,450-から

Wood Rings2008.04.17 Thursday



 MOMAと言えばニューヨーク近代美術館。しかしサンフランシスコにもMOMAがあり、SFMOMAとして知られている。買い付けの旅で毎度必ず寄る場所であり、もう何度も訪れている。ただしニュージアム内部に入った記憶はない。いつも目当てはミュージアムショップなのである。そこでは今まで何度も面白いモノに出会っていて、実際にそこで知ったのをきっかけにお店で取り扱うことになったモノも少なくない。けれども、知っただけで、未だにデザイナーやメーカーに出会えていないものもそれ以上に多い。
 確か5,6年ほど前に出会った木のリングたち。シンプルなフォルムながら、木という素材、そしてその存在感のある姿に一目惚れだった。ベルギーで作っているモノだと、親切なお店の方に教えてもらったけれども、その後は何の情報にもたどりつけないまま時間だけが過ぎていた。それが先日、日本国内の大きな展示会に行った時、ヨーロッパからいろいろなものを輸入しているメーカーのブースの片隅に見覚えのあるリングを発見。きっと2度見をして、目を点にしていただろう。そんな自分が想像できる。
 やっと出会ったリングたち。何年越しかでやっとお店に並んだ。扱い始めた今でもベルギーのものだってだけことしか分からない。1点1点微妙に大きかったり、小さかったり、別にデザイナーはいないのだろうか? まあ、そんなの関係なくやっぱり美しいと思う。

Wood Ring ¥5,250-

Fancy Rosecut Diamond2008.04.12 Saturday



 いい季節というのは瞬く間に過ぎ去っていくような気がする。僕の花粉症が落ち着くのと反比例するかのように気温はグングン鰻登り。気がつけば4月ももうすぐ折り返し。

 4月の誕生石はダイヤモンド。と言うことで、紹介できていなかったダイヤモンドのネックレスをこちらでご紹介。Oval(楕円)やPear Shape(梨型)などファンシーカットと呼ばれるユニークなカタチのダイヤモンド。なかなか同じカタチ、同じサイズのモノがなく、1点1点手作業で丁寧にセットされ、ネックレスになっていく。「ああだ、こうだ」と職人さんと打ち合わせを繰り返し、満足の出来となった。1点1点違うから、名前を付けたくなるほどだが、まずは男か女か??? 結局長い名前に、ヨコ、タテとシンプルな感じになった。これにはちょっと満足できていいなが、追々考えるとして、とりあえず分かりやすくしたつもり。

Faucy Rosecut Diamonds
Oval Rosecut Brown Diamond Necklace(タテ)
Oval Rosecut Brown Diamond Necklace(ヨコ)
Pear Shape Rosecut Brown Diamond Necklace

カヌレ2008.04.06 Sunday



 付けが貯まっていたので支払いに行った。自分にとって数少ない付けの利く店のひとつである。BARだったら格好が良いかもしれないが、花屋(植物屋)である。恵比寿と広尾のちょうど真ん中、住宅街に佇む「Garage」は女店主の丁寧な仕事が気に入っていて、何かとお世話になっている。春だからだろう、いろいろな友人が立て続けにお店をオープンし、そのお祝い花をお願いていて、その付けが貯まっていたという訳である。
 支払を済ます前にお互いの近況報告などをし、そして世間話へと続く。ちょうど別の友人に会う前に訪れたものだから、この辺りに何か手土産に良いモノはないかと聞いてみると、お勧めの洋菓子屋があると教えてもらった。生憎、予定とは逆方向だったけれどもご近所だし、またの機会に行ってみると伝え、貯まった付けを支払い、植物に囲まれた空間を後にするのはちょっと寂しく、後ろ髪を引かれたが、その場を後にした。

 その翌々日だったか、どうしても気になってしまい、お店のオープン前に勧められた洋菓子屋に行ってみることにした。教えられた通りに行ってみると、入ったことはないが、知っているお店だった。何せ看板に並ぶアルファベットが読めず、結局お店のことも知り得なかったのだろうと想像できた。中に入ると、左側にショーケースがあり、その中にはケーキ類が、そして中央のテーブルと右側の棚にはこんがり焼けたパンが並んでいた。探しまわったが目当てのモノが見つからなかったのでお店の人に「カヌレはありませんか?」と声をかけると、お店の人が指差し、ちょうど自分の前にピラミッドのように高く積み上げられていた。苦笑いをし、いくつか包んでもらい、SOURCEへ向かった。
 店を開け、早速コーヒーを入れ、スタッフと一緒にいただいた。外はカリッと、中はシットリ。自分の表現力の無さを感じるような在り来たりな表現になるが、絶妙な甘みといい、美味い。砂糖の入っていないミルクティーにあいそうである。それ以来、どこかに出かけるときは少し早めに出て、カヌレを買って手土産にしている。その時はもちろん自分の分も別の袋に入れてもらうのは必至である。最近ではどちらが本当の目的なのか忘れそうになるほどだ。

カヌレ ¥210-
at BURDIGALA 広尾

Burkina Basket2008.04.03 Thursday



 毎日の通勤で通る目黒川の桜並木。開花したのは先々週のことだと思うが、途中雨の日を挟んだにも関わらず寒い日が続いたせいか、まだ満開の木々。川沿いをお年寄り夫婦が手を後ろに組み並んで歩く姿、目を輝かせ携帯電話で写真を撮ろうとしている通勤途中のOLさん、自転車通勤を楽しませてくれている。
 そんな心躍る季節にブルキナバスケットが久しぶりの入荷。春の行楽シーズンに活躍しそう。そして転勤、引越の季節でもあるから新しい生活のインテリアのアクセサリーにも使えそう。
 
ブルキナバスケット ¥2,100-から¥4,095-