Sterling Silver by Kathleen Whitaker2016.05.09 Monday



鏡面仕上げした板状や棒状のシルバーが、耳に張り付くように存在する。光を反射させて、とても強く輝く。しかし、それ以上に輝いていると感じるのは、自由な発想やファッショナブルな感覚。立夏も過ぎ、暦の上では夏となり、よりシルバーが似合う季節がやってきた。

Kathleen Whitaker

Ryan McGinley2016.05.07 Saturday



ゴールデンウィークは都内で写真鑑賞。

Ryan McGinley : Body Loud!
@東京オペラシティ

Act Local2016.05.05 Thursday




ゴールデンウィークは近所をブラブラ。

17002016.05.02 Monday



お客さんが履いているのを見て、ニューバランスの「1700」が復刻されたのを知った。17年ぶりの復刻らしい。長年、髪を切ってくれている同じ年の友人は、最近まで当時の1700を履いていた。その姿を見るたびに、指をくわえて「欲しかった。。」とずっと思いつづけていたから、この機会を逃す理由はない。そして、ようやく手にすることができた。とても嬉しい。手に入れて1ヶ月が過ぎたか。軽いジョギングにも好し、スラックスと合わせても好し、足が蒸れなくて好し、ニューバランスのおかげで毎日がより好くなった。

New Balance 1700

Gray2016.04.28 Thursday



箱を開けた瞬間、嬉しい以上に、ホッとした。ながらく在庫を切らしていたグレーと白が入荷。
※黒は引き続き、レザーの手配中のため、6月くらいになりそうです。

Half Single Flap Wallet

One-of-a-Kind Necklace2016.04.25 Monday



2月のことになるけれど、サンタモニカにあるマーガレットのアトリエに行ってきた。海から歩いて2-3分の距離にある3階建ての一軒家、屋上に上がると太平洋が望める素晴らしい環境、その建物の2階部分がマーガレットのアトリエになっている(3階はアン・リケッツの自宅兼アトリエ)。行ったのは午後3時くらいだったと思う。ツーソンで会ったばかりだったから、簡単に挨拶を交わし、早速、本題。紅茶とクッキー、そして石が入ったケースを受ける。テーブルの上に石を広げると、西側に面した窓から傾きかけた陽の光が入り、石を照らす。豊かな色彩がより一層際立って映り、なんとも美しい。広げた中から1点モノのネックレスにしてもらう石を選ばせてもらったが、あまりの心地よさに、自分の好きなモノばかりを選んでしまったかもしれない。おかげでお勧めしたいモノばかりのコレクションに。

One-of-a-Kind Necklace - Margaret Solow

Sterling Silver by Melissa Joy Manning2016.04.24 Sunday



暖かくなってくるとシルバーもいいなぁと、改めて思う。

Sterling Silver by Melissa Joy Manning

Rutilated Quartz Ball Earrings2016.04.21 Thursday



日本では針水晶と呼ばれ、水晶の中に針のような線がランダムに見られる石。直径14mmのボール状にカットされた石は自然界の幻想的な一部分を切り取った、もしくは閉じ込めた、そんな美しさを感じる。派手さはないけれど、その分大人っぽい魅力があり、母の日の贈り物にも喜ばれるはず。

Rutilated Quartz Ball Earrings

Hugger Earrings with Blue Sapphire2016.04.16 Saturday



ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、そしてサファイア。宝石の中でも「Precious Stone(貴石)」に分類され、特別視される石。やっぱり、小さくても、立派、存在感がある。

Hugger Earrings with Blue Sapphire (Melissa Joy Manning)

Tumbled Crystal2016.04.11 Monday



人が研磨したものだけれど、河原にころがっている石のような自然なカタチ。自然物に作為はない、なのに美しい、だから美しいのか。

Tumbled Crystal 2700yen