SOURCE objects

BLOG

Fairy Stones2014.10.16 Thursday



我が家のリビングの一角には約50センチ四方の小さな平台がある。友人からもらったオブジェ、お気に入りのピンバッチやポストカード、骨董市で見つけた陶器のスプーン、拾った石や植物の欠片、小さな招き猫が2つ、そのほか他人が見たらガラクタだと思われるようなモノたちもあるけど、自分にとっては宝物を集めた一角。丁寧に並べて楽しんでいるから、そこは我が家のミュージアムだと思っている。奇妙なカタチの石に出会ったとき、真っ先に思い浮かんだのはそのミュージアムのことだった。イサム・ノグチやハンス・アルプが作った彫刻を思い起こさせる抽象的なカタチ、けれども聞けばそれらは誰かの手によるものではなく、自然が作りだしたカタチだというから驚いた。カナダの東部ケベック州を流れるアリカーナ川流域のみで見つかり、フェアリーストーンと呼ばれるんだという。先住民であったカナディアン・インディアンはそれらをお守りとして常に持ち歩いていたとか。石肌は河原に流れ着いた石コロのように滑々している。なぜそのようなカタチになったのかは分かっていないらしいが、そのエリアが氷河期に湖の底にあったことが関係しているという説もあるそうだ。幾つか分けてもらった中から、一番気に入った4つの膨らみが四方に伸びたモノが我が家のミュージアムに加わった。

Fairy Stone 1296円
※ 是非、店頭で実物をご覧ください。

Check Shawls2014.05.05 Monday



以前はインドへ行っては、布を探し回っていた。行けば素晴らしいモノに出会うのだけれども、それらを安定的に紹介するにはもう一度行って見てを繰り返す必要があった。同時にその頃からジュエリーの魅力にさらに惹かれるようになり、ツーソンや香港での宝石探しに夢中になっていったものだから、インド行きはなんとなくフェイドアウトしてしまったのだった。
サンプルとして手に入れたけれど、その後タイミングが合わず出さないまま仕舞いこんでいたショールの中に、春らしい柔らかなコットンのものが少量あったのを思い出し、店頭へ出した。インドの布はやっぱり独特の風合いがあって、改めていいなぁと思う。

Check Shawls ¥3,240-

Alice Park2014.02.20 Thursday



ジュエリーのデザインをする友人に久しぶりに会ったら、Single Flap Walletを長らく使ってくれていた。黒のレザーはかなり擦れて、しかもパンパン、まるでどら焼きのようだった。普段は店頭に並んでいる真新しい平ぺったいモノばかりを見ていたので、改めて、パンパンになった姿がよく似合う財布だなぁと思った。

Single Flap Wallet

Half Single Flap Wallet2013.12.12 Thursday



有難いことに、身近な友人達がSingle Flap Walletを使ってくれて、使い勝手が良いと言ってくれる声も少なくなかった。では、半分のサイズがあってもいいのでは?いや、あったら自分が使ってみたい!そんなことから始まった企画。アリスも快く受け入れてくれ、半年ほどのやり取りを重ねて完成したHalf Single Flap Wallet。

僕が使いたいから始まったのも一つの理由であったし、ファンのひとりして出来上がったサンプルを半年くらい使ってみたので、その感想を。 半年間のやり取りの成果もあり、ルックスは多いに気に入っている。片手に収まるサイズ感もちょうど良いと思う。銀行カード、クレジットカード、ポイントカード、メンバーズカード、免許書、レシート・・・さすがにすべてを入れるとパンパンに膨れ上がってしまったけれど、なんとか収まり、かなりの収納力を感じている。でもあまりにも太った財布になってしまったので、この機に不要なカードを整理できたのは嬉しい誤算となった。以前まではSlot Walletを使っていてコインは別にしていたので、それらが一緒になったことは画期的だった。しかもコインの収納スペースが広く、とても使いやすい。紙幣を折りたたんで出し入れするのに初めは抵抗があったものの、数週間で気にならなくなった。この際SUICAも一緒に入れてしまおうと、真ん中のポケットとコインのポケットの間にやや強引に押し込んで使っているけれど、ときどきコインの入れすぎが原因で改札で渋滞を引き起こしてしまうことがあるので注意している。半年の使用で真鍮金具とレザーの蓋がいい具合に馴染んできたのか、とてもスムーズに開け閉めできるし、その部分のヘタリは今のところない。

その後、黒、茶色、グレー、白の4色に絞り(写真のターコイズはサンプルのみ)、コインの取り出しやすさをより良くするため蓋の部分を1センチ長くして、いよいよご紹介できるカタチになった。

Half Single Flap Wallet(Alice Park)

※この機会にSingle Flap Walletにも白が仲間入り。

Vintage Silver Box2013.10.11 Friday



美しい服、美しい靴、美しい器、美しい指輪などはそれなりにあるんだけど、美しい箱は探そうとするとなかなかないもの。

Vintage Round Silver Box Allan Adler
Vintage Square Silver Box

カラビナ2013.09.28 Saturday



フランスで、船乗りなどがロープを固定するために作られているというカラビナ。水辺で使うからステンレス製で、急な風向きの変更などにも耐えられるように肉厚でズッシリしている、理由があってのこのカタチだと思う。美しい道具。船乗りではないけれど、毎日の生活で使いたい。

Carabiner Large ¥3,045-
Carabiner Small ¥2,100-

==OUTLET== Alice Park2013.09.23 Monday



Slot WalletとCard Caseから始まり、気が付けばアリスとの付き合いも10年を過ぎている。お互い年を取ったし、子供、住まいなど周りの環境も変わった。けれども、ずっと同じデザインで作り続け、それらを扱い続けられていることは変わっていない。僕の使っているカードケースはすでに4代目か。。。さすがに10年前のモノはないけれど、傷あり、汚れあり、皺ありなど、貯まってきた「訳あり品」をアウトレットセールすることにします。オンラインでも見ていただけますが、出来たらお店で手にとって選んでいただけたらと思います。

==OUTLET== Alice Park

Rosecut Tourmaline2013.09.19 Thursday



もちろん必要で探さなくてはいけない素材(石)もあるけれど、展示会場を歩き回るときには、なるべく頭を空っぽにするようにしている。すると思いがけない出会いがあるから。おかげで良質なローズカットのトルマリンが見つかった。その場であまりに興奮していたせいか、かなりの数を仕入れてしまった。いや、足りなかった!と後悔するようなモノを作ればいいのだ。。。香港での収穫。

Turquoise from Hubei2013.03.11 Monday



たぶん、ターコイズの原石だと思っている。ただ確信はない。というもの、ツーソンで、英語も、もちろん日本語も通じない中国から来た夫婦から譲ってもらったモノで、「ターコイズ?」という問いかけに対してターコイズを意味する漢字を指差し、「ナチュラル?」という問いには、首を縦に動かすだけ。いろいろな方法でそんなやり取りを繰り返したけれど、答えはいつも同じだったから。帰り際、名刺の裏に「Hubei」と書かれて手渡された。帰ってから調べてみると、中国の土地の名前らしく、ターコイズの産地のひとつだった。さらに、画像検索をしてみると似たようなターコイズを幾つか見つけることができた。正真正銘、ターコイズなのだろう。か。。それにしても美しいカタチをしている。

Turquoise from Hubei ¥1,890-

Lapland Leather Case2012.06.13 Wednesday



一枚の丸い革を器用に折りたたんで立体的に、まるでシュウマイのよう。伝統的な手工芸品と聞いているけど、誰かがデザインした工業製品なんて説もあるらしく、真意は定かでない。あえて工業製品っぽくない佇まいが美しいと思っているので、手工芸品であると信じている。シュウマイも機械が包んだモノよりも、出来れば母や祖母が包んだモノを口にしたいからね。

Lapland Leather Case