CAMERA2006.12.29 Friday



「今年1年ご苦労様!」と自分に言い聞かせ、カメラを買いました。(笑)
来年はコイツもSOURCEの新しい仲間として活躍してくれることでしょう。お休み期間中に持ち歩いて練習しようかと、意外に暇な年末年始の楽しみが出来ました。

2006年はありがとうございます。2007年も変わらず宜しくお願い致します。

年末年始の営業時間
12/30(土)‐1/3(水) CLOSE
1/4(木),1/5(金) OPEN(12:00-17:00)
1/6(土)より 通常営業(12:00-20:00)

We wish the very best for you, your family and your friends in the new year !

Sweet EDIE !2006.12.26 Tuesday



 以前勤めていた会社の忘年会に誘ってもらいました。顔なじみのメンバーと美味しい食事に美味しいお酒、久しぶりに会う友人も多く、話は尽きることがありません。変わらない外見とは裏腹に、内面的に大きく成長している仲間達に触れるのは自分にとって一番のエネルギー源。そして年々忘年会に子供が増えていることには焦りを感じさせることも。
 ロサンゼルスの友人ロバートからメリークリスマスメールが届いた。1年半ぶりの愛娘エディーの成長には驚かされる。でもそのオテンバっぷりは変わっていないようだが。

 Thank you, Robert.

Collaboration?2006.12.22 Friday



 デンマーク人の父とインド人の母のハーフでニューヨークで活動するジュエリーデザイナーLena Skadegard(レナ・スカドガード)。彼女はニューヨーク、デリー、コペンハーゲン、パリ、ロンドン、年中旅をしています。ちょうど制作のためデリーに来るタイミングでボクもインドに入り、彼女の自宅で会ってきました。

 そこで彼女のアイテムを注文し、そしてボクが持っていた石を使って何か彼女らしくリングを作って欲しいとリクエストをして日本に戻ったのでした。それから約1ヶ月、その後デリーで制作し、ロンドンに寄って、ニューヨークへ戻った彼女からつい先日、完成したものが届きました。

 クリスマスに間に合ったような、もう遅いような、地球を一周してステキなリングが届きました。

上から
Single Tourmaline Ring ¥47,250-
Rosecut Diamond Ring (SOLD)
Orange Sapphire Ring ¥50,400-
Shell Ring ¥48,300-
Rosecut Brown Diamond Ring ¥89,250-
Emerald Square Ring ¥52,500-
※すべて18kt Goldです。

KHADI(カディ)2006.12.16 Saturday



 先日のグローブに続き、この季節あったら嬉しいアイテムにマフラーがあります。しかし個人的には30を過ぎても、マフラーを上手く使いこなせず、気に入ったものを買ってもタンスの肥やしになるのが成れの果て。なんだか髪を切ったすぐ後に似た、鏡に映った見慣れぬ自分が恥ずかしいからだと思います。

 いささか季節はずれなショールのご紹介です。首に巻くと言う意味ではこの季節にピッタリなのですが、こちらはコットンやシルクのショールです。先月インドに行った際に見つけたものです。あまりの暑さに気が変になっていた訳ではありませんが、とっても自分好みなものだったのでどうしても持ち帰りたくなってしまって。。。

 でも自信を持って、とっても美しいショールです。

 KHADI(カディ)とはインドで昔ながらの糸車によって手紡ぎされた布のことです。それらは機械で作られたものに比べ、糸のよりが柔らかく、ハンドメイド特有の糸むらが出来ます。そのため独特の風合いがうまれ、首元をふわっと包んでくれることでしょう。機能的にも吸湿性、速乾性に優れ、夏は広げると風を通し涼しく、冬は巻きつけて暖かい空気を逃がしません。

 これらを見つけたメーカーのおじさんと話をしていると、ここには「dosa」のデザイナーであるクリスティーナも通っているのだとか。確かにおじさんのデスクには彼女との写真が飾ってありました。彼女もここでモノ作りをしているのだろうか?そこまでは分かりませんでしたが、尊敬する彼女とここインドで出会ったことも、自分の気を変にさせたのかもしれません?

 良い機会なので、自分もひとつ黒いものを試しています。

KHADI SHAWL ¥3,990- 〜 ¥10,500-

Glove2006.12.12 Tuesday



 今日は雨の東京。お店の窓からはコートの襟を立て、肩をすぼませ歩く人が目立ちます。ポケットに手を入れ、猫背になった姿はお世辞にも美しいとは言えませんが、実際の自分を見ているようです。。。

 自分のワードローブにグローブはあるものの、薪でも運ぶのに使うのかと思うほど、アウトドア仕様なもので、それをして街に繰り出したら、違った意味でポケットに手を入れたくなる始末。街仕様なグローブを何年も欲しかったものの、寒くなり欲しいと思い、探し始めると暖かくなるという、やりきれない自分と戦ってきたここ数年。

 10月だったか、オリジナルの洋服やバックを作りつつ、輸入業もする知人の2007年春夏シーズンの展示会に出かけた。また暖かさの残る季節なのに春夏とは早いと感心しつつ、その一角に春夏にも、そして10月の暖かさにも似つかわしくないレザーのグローブが並んでいるのに目が止まった。説明を聞くと、なんでもデンマークの老舗メーカーのものらしい。老舗という言葉には目(耳)がない。しかもシンプルで、しなやかな皮のグローブは自分好みのデザインで、色とサイズをオーダーできると言う。こんな機会を逃す手はないと思い、来年のために注文してその場を後にする。

 そして先日、その知人がお店に来てくれ、自分が頼んだグローブを届けてくれた。今年の冬には間に合わないだろうと勝手に思っていたので、嬉しいサプライズとなった。早速、自転車に乗るのに、そして胸を張って街を歩くのに大活躍だ。
 とりあえず、今年一つ目の自分へのクリスマスプレゼントとして。今年は幾つの自分へのクリスマスプレゼントがあるのだろうか?

 お気づきかと思いますが、SOURCEからも「クリスマスプレゼントにいかがだろうか!?」と思うアイテムをセレクトしたコーナーを用意さえてもらいました。素敵なクリスマスを過ごすのに、お役に立てたら幸いです。

SOURCE Chrismas Gifts

グローブ RANDERS GLOVE   
友人のTORSO design

鯛焼き2006.12.09 Saturday



 恵比寿になにやら旨い鯛焼き屋が出来たらしい、そんな居ても立っても居られない情報を聞きつけ、ネットで検索。ホントにご近所のようで、早速行ってみることに。
 お店はまさに鯛焼き一色。鯛焼きしかメニューに無いし、もちろん鯛焼きしか焼いていない。気持ち良いほど、鯛焼き屋さん。行った時間がまだオープン直後(前だったかも)だったからか、何台もある焼き機(?)には彼らが列を成して綺麗に並んでいる。大将らしい方が、そこから一匹取り、そのまま紙袋に入れ、渡してくれる。もちろんまだ温かい訳で、お金を払う前にかぶりつきたい気持ちを押さえつつ、お勘定を済ませお店を後にする。
 店に背中を向けた瞬間にはもうかぶりついていただろうか?「外はカリカリ、中はしっとり」そんなよく聞く文句がまさにピッタリなそれ。店先に置かれた解説によると、30分以上かけて表面をパリパリに焼いているんだとか。だからそんなに焼き器があるのね。納得。そしてその表面は薄く、中には頭の先から尻尾までこれでもかというほどたっぷりの餡が入っています。香ばしい生地と甘さを押さえた餡が上品な味で、その場ですぐ食べることをお勧めしたいまさに食べ歩きアイテムです。
 
 ボクのおやつメニューのレパートリーが増え、とっても嬉しいけど。脇腹と相談も必要です。
 一雨降って寒さが増すこの頃、恵比寿散策のお供にどうでしょうか?

たいやき ひいらぎ
渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス1F

たいやき 126円 / 1匹

Jewelry from Jaipur2006.12.03 Sunday



 世界のダイヤモンドの55%はインドを通過すると言われるほど、宝石王国のインド。その中でもジャイプールはいちにを争う宝石の町。首都デリーから南西へ約260キロ、乾いた大地にピンクに統一された建物がひしめき合い、別名ピンクシティとも呼ばれています。
 世界各国からバイヤー、デザイナーが集まり、旧市街の宝石問屋通りを中心に活気に満ち溢れています。インドで活動するジュエリーデザイナー中でも最も有名なひとり、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック(Marie-Helene de Taillac)もここジャイプールをインドでの拠点としています。

 このリングもジャイプールで見つけたもの。ひとつひとつ異なった形の平らな半貴石。その自然な形を生かし18金でぐるりと周囲を囲ったデザインはシンプルながら、石本来の持つ透明感や存在感を引き立てているデザインだと思います。

Flat Stone Ring ¥89,250-

Indian Jewelries2006.11.27 Monday



 デニム、ニット、シャツにサンダル、そんなカジュアルな装いが街に溢れているのにそれに似合うジュエリーがないのでは?そう思って、自分の好み(ボクはする訳ではないけど…)のものを探していたら、それがインドにありそうだ。そう感じるようになり、今回右も左も分からないけど、とりあえず行ってみようと決心したのでした。

 そしたらやっぱりありました!
キラキラするだけではなく、さりげない輝きを放った今までに見たことのないカットの石、卓越した職人たちの手仕事と22金の力強いとも感じされる深いゴールドのコンビネーション。
 早速ホームページにもアップしましたので、是非ご覧下さい。「NEW」ってなっているのがそれです。

 ちなみに上の写真は歪な五角形にカットされた石(こんな石、初めて見ました!)にインドのアンティークジュエリーでよく見られるゴールドをぐるりと回しセットした(フクリン留め)イヤリングです。

Single Stone Earrings ¥36,750-

Come back from India.2006.11.21 Tuesday



 ご報告が遅くなりましたが、インドより戻り、通常営業を始めております。

 デリーに降り立ち、そこからジャイプールまで南下し、デリーに戻るという1週間の旅。人人、物物、そして埃にまみれながらも、ジュエリーやら、ショールやら、仕入れてきております。今週末くらいからお店にも並べられると思いますので、お時間見つけて是非お出かけください。
 いろいろなことがあり過ぎた旅の報告や、今までの国では見られてなかった新しいタイプの買い付けアイテムは追ってこちらでもご紹介していきたいと思っております。

 写真はデリーでの足代わりだったリクシャー。タクシーみたいな乗り物で、日本語の「人力車」が語源だとか?バイクのエンジンを使っているのでしょうか?ゆっくりと走り、小回りが効き、町の様子を見ながら乗っていられるので、好んで使っていました。しかし埃を存分に浴びます…まあ、それがインド。

Led to India.2006.11.11 Saturday



 コルビジェ、イームズそしてビートルズもボクにとってのヒーローたちはインドに導かれるように行っています。とっても気になるインド。そして満を持してボクも行ってきてみたいと思います。幸運にも年に何度か海外に行ける仕事柄、自分では旅慣れているほうかと思うのですが、インドは未体験。地球の歩き方片手に、迷いながらも出会いを求めて買い付けに出かけます。

 臨時休業のお知らせ
 買い付け期間中11/13(月)より17日(金)までお店をお休みさせていただきます。


 ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。