Jewelry from Jaipur2006.12.03 Sunday



 世界のダイヤモンドの55%はインドを通過すると言われるほど、宝石王国のインド。その中でもジャイプールはいちにを争う宝石の町。首都デリーから南西へ約260キロ、乾いた大地にピンクに統一された建物がひしめき合い、別名ピンクシティとも呼ばれています。
 世界各国からバイヤー、デザイナーが集まり、旧市街の宝石問屋通りを中心に活気に満ち溢れています。インドで活動するジュエリーデザイナー中でも最も有名なひとり、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック(Marie-Helene de Taillac)もここジャイプールをインドでの拠点としています。

 このリングもジャイプールで見つけたもの。ひとつひとつ異なった形の平らな半貴石。その自然な形を生かし18金でぐるりと周囲を囲ったデザインはシンプルながら、石本来の持つ透明感や存在感を引き立てているデザインだと思います。

Flat Stone Ring ¥89,250-

Indian Jewelries2006.11.27 Monday



 デニム、ニット、シャツにサンダル、そんなカジュアルな装いが街に溢れているのにそれに似合うジュエリーがないのでは?そう思って、自分の好み(ボクはする訳ではないけど…)のものを探していたら、それがインドにありそうだ。そう感じるようになり、今回右も左も分からないけど、とりあえず行ってみようと決心したのでした。

 そしたらやっぱりありました!
キラキラするだけではなく、さりげない輝きを放った今までに見たことのないカットの石、卓越した職人たちの手仕事と22金の力強いとも感じされる深いゴールドのコンビネーション。
 早速ホームページにもアップしましたので、是非ご覧下さい。「NEW」ってなっているのがそれです。

 ちなみに上の写真は歪な五角形にカットされた石(こんな石、初めて見ました!)にインドのアンティークジュエリーでよく見られるゴールドをぐるりと回しセットした(フクリン留め)イヤリングです。

Single Stone Earrings ¥36,750-

Come back from India.2006.11.21 Tuesday



 ご報告が遅くなりましたが、インドより戻り、通常営業を始めております。

 デリーに降り立ち、そこからジャイプールまで南下し、デリーに戻るという1週間の旅。人人、物物、そして埃にまみれながらも、ジュエリーやら、ショールやら、仕入れてきております。今週末くらいからお店にも並べられると思いますので、お時間見つけて是非お出かけください。
 いろいろなことがあり過ぎた旅の報告や、今までの国では見られてなかった新しいタイプの買い付けアイテムは追ってこちらでもご紹介していきたいと思っております。

 写真はデリーでの足代わりだったリクシャー。タクシーみたいな乗り物で、日本語の「人力車」が語源だとか?バイクのエンジンを使っているのでしょうか?ゆっくりと走り、小回りが効き、町の様子を見ながら乗っていられるので、好んで使っていました。しかし埃を存分に浴びます…まあ、それがインド。

Led to India.2006.11.11 Saturday



 コルビジェ、イームズそしてビートルズもボクにとってのヒーローたちはインドに導かれるように行っています。とっても気になるインド。そして満を持してボクも行ってきてみたいと思います。幸運にも年に何度か海外に行ける仕事柄、自分では旅慣れているほうかと思うのですが、インドは未体験。地球の歩き方片手に、迷いながらも出会いを求めて買い付けに出かけます。

 臨時休業のお知らせ
 買い付け期間中11/13(月)より17日(金)までお店をお休みさせていただきます。


 ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。
 

木のオタマ2006.11.09 Thursday



 先日用事で九段下に行ったとき、靖国神社の前にある器屋さんの前を通りかかった。以前から気にはなっていたお店だったけれど、なかなか入るまでの理由がなく、なんとなく気になったまま何年か過ぎていた。そのときは待ち合わせまで時間があり、何軒か隣のコーヒーショップに入ろうと思ったが、いい機会だと思い直し、器屋をのぞいてみることにした。中に入ると外からガラス越しに見るよりは、広い店内。奥は喫茶スペースがあり、手前には椀やら皿、ガラス器などが作家の名前と共に並べられていた。なんとなく入ったためだろうか、目に止まるものはなく、店をひとまわりした頃に、居合わせた別のお客さんが2階への階段を上るのが目に止まった。2階があることは知らなかった。またなんとなく2階へ上がってみることに。2階は1階に比べて大きいモノが並べられていた。鍋やら、片口、漆など。時期だからだろ、鍋が目立つ。
 去年の冬に備後屋で伊賀焼の鍋を買って以来、我家の食卓が変わった。この時期から週一か10日に一回は鍋を囲む。すでに今年も何度登場していることだろうか?
 去年悩んで買ったせいもあり、鍋が気になる。どれも素晴らしく、特にご飯を炊けそうな深めのモノが気になるが、ちょっと衝動買いにしては… そして雑貨類が並ぶテーブルで木のオタマが目に止まった。それを見た瞬間、いつも鍋で使っているステンレス製のオタマが貧素に感じられた。木を削って形作られたそのオタマはいい具合に野暮ったく、土っぽい陶器の鍋との相性は良さそうだ。使い勝手は今使っているものの方が良さそうだけれども、形から入るのも良いだろう。そう思ってお会計をしてもらう。
 今年もさらに鍋の打率が上がりそうだ。

暮らしのうつわ 花田
東京都千代田区九段南2-2-5

Knitted2006.11.04 Saturday



 今年も秋のデザインイベントの季節がやってきました。(うっ、すぐに終ってしまいますが…)年々大きくなってきて、青山、渋谷界隈は盛り上がっているようす。
 ボクも定休日を利用してパトロールしてきました。中でも面白かったのが、中目黒の燕子花(カキツバタ)別館で開催中のクリスティン・メンデルツマの展示。彼女は毛糸で編まれたセーターやマフラー、そしてラグなどを作っています。そしてそのひとつひとつにその原料となった羊の写真の入ったパスポート(IDカード)が付けられています。つまり「このセーターは、この写真の羊1頭から取れた毛で編んだものです。」ということを示している訳なのです。そのチャーミングな発想と、モノ作りに対する深い愛情。自分が使っているものが何から出来ているのか?どんなプロセスで作られているのか?それらを知って使うことがどれだけ楽しいことか、そしてそれをどれだけ大切に使うことだろうか?そう考えたら、彼女のやっている活動にはデザインとは別次元の本質的な素晴らしさを感じます。

 スカンジナビア半島の北部にランプランドと呼ばれるエリアで住む民族にサーメ(サミ)族がいます。彼らは古くからトナカイの皮を使い、その角をボタンに、腱を糸に、そしてワイヤー状のピューター(錫の合金)を編み込んでブレスレットを作っています。もちろん全ての工程を手作業で行い、それは自分たちの飼ったトナカイへの感謝の気持ち込めて、編みこまれた、メンデルツマ同様忘れていけない大切にしなくてはいけないものを思い出させてくれるそんなモノなような気がします。

Lapland Bracelet (S) ¥9,450-
Lapland Bracelet (L) ¥12,600-

燕子花別館での展示会、「BLACK SHEEP」はクラウディ・ヨンゲストラのフェルト作品と共に12/3まで開催中です。
燕子花
目黒区青葉台2−16−7
www.kakitsubataweb.com

これからも2006.10.27 Friday



 こんにちは。
 
 ホームページのリニューアルに伴い、ブログもリニューアルです。

 「SOURCE(ソウス)」はその言葉通り、「根源」を意味します。ここでは新旧を問わず、国内外からセレクトしたモノの「根源」に着目し、伝えていきたいと考えています。
 そしてその名前を考えたとき、「SAUCE(ソース)」の意味も含めました。揚げ物などにかけるソースの方です。セレクトするモノたちが日々の生活にとってソースのように味付けし、引き立て、そして豊かなライフスタイルへと繋がることを願っています。

 これからも宜しくお願いします。