Modern Sculpture2016.03.07 Monday



ブロンズでかたち作られた小さな手や足は、そのサイズ感に反して、ズッシリとした重みがある。これといって思い当たる用途はほどんどないが、本棚や玄関先、窓辺なんかにそっと置いてあるだけで、独特の世界観が広がる。こういうモノが身近にある生活も素敵だと思う。

Anne Ricketts

FACES2016.02.14 Sunday



自然が創り出したカタチ(カオ)。

Fairy Stone 1296円から

Single Flap Wallet2016.01.23 Saturday



ようやく新しいグレーが決まり、久しぶりに全員集合。

Single Flap Wallet
Half Single Flap Wallet


Single Flap Wallet Black2015.12.14 Monday



クリスマスまであと10日。ギリギリになってしまって、しかも黒のみの入荷だけれど、素敵な贈り物になることを願って…

Single Flap Wallet (Alice Park)

Single Flap Wallet GRAY2015.11.25 Wednesday



アリスから朗報。ようやく新しいグレーの革が見つかったと。そして、早速、サンプルを作ってもらった。色が淡くなり、コンクリートのようなグレーに。これはこれで美しいと思う。むしろ個人的にはより好きなグレー。これで安定してくれると良いのだけれど、今のところ、今後は未定。今回はとりあえずサンプル的に5点のみの入荷。

Single Flap Wallet GRAY

UPCYCLING2015.10.26 Monday



以前扱っていたインドやカンボジアで作られたショールたち。心地よい肌触りなんだけど、手仕事ゆえ、織りムラや染めムラがあって販売できなかったモノ。プリミティブで美しい色合わせだと思うんだけど、首に巻くには派手すぎたのかなぁと自分の審美眼を反省し、出番をなくしていたモノ。それらの小さく切り刻んで、ポーチを作ってもらった。リサイクルではなく、アップサイクルと呼びたい。

Upcycling Pouch ¥1080, ¥1620, ¥1890

Single Flap Wallet & Half Single Flap Wallet2014.12.18 Thursday



本でご紹介いただいて、お問い合わせいただいた方も少なくなかったのに、長ーい間在庫を切らしてしまっていたアリス・パークのお財布が入荷。まだクリスマスの贈り物に間に合うかな。。

Single Flap Wallet
Half Single Flap Wallet

How to See.2014.11.14 Friday



昨晩は玉井太朗さんの話しを聞きにパタゴニアに行った。「川を泳ぐ魚、空を飛ぶ鳥を見てスノーボードのカタチを考える」とその言葉がとても胸に響いた。

玉井太朗

Fairy Stones2014.10.16 Thursday



我が家のリビングの一角には約50センチ四方の小さな平台がある。友人からもらったオブジェ、お気に入りのピンバッチやポストカード、骨董市で見つけた陶器のスプーン、拾った石や植物の欠片、小さな招き猫が2つ、そのほか他人が見たらガラクタだと思われるようなモノたちもあるけど、自分にとっては宝物を集めた一角。丁寧に並べて楽しんでいるから、そこは我が家のミュージアムだと思っている。奇妙なカタチの石に出会ったとき、真っ先に思い浮かんだのはそのミュージアムのことだった。イサム・ノグチやハンス・アルプが作った彫刻を思い起こさせる抽象的なカタチ、けれども聞けばそれらは誰かの手によるものではなく、自然が作りだしたカタチだというから驚いた。カナダの東部ケベック州を流れるアリカーナ川流域のみで見つかり、フェアリーストーンと呼ばれるんだという。先住民であったカナディアン・インディアンはそれらをお守りとして常に持ち歩いていたとか。石肌は河原に流れ着いた石コロのように滑々している。なぜそのようなカタチになったのかは分かっていないらしいが、そのエリアが氷河期に湖の底にあったことが関係しているという説もあるそうだ。幾つか分けてもらった中から、一番気に入った4つの膨らみが四方に伸びたモノが我が家のミュージアムに加わった。

Fairy Stone 1296円
※ 是非、店頭で実物をご覧ください。

Check Shawls2014.05.05 Monday



以前はインドへ行っては、布を探し回っていた。行けば素晴らしいモノに出会うのだけれども、それらを安定的に紹介するにはもう一度行って見てを繰り返す必要があった。同時にその頃からジュエリーの魅力にさらに惹かれるようになり、ツーソンや香港での宝石探しに夢中になっていったものだから、インド行きはなんとなくフェイドアウトしてしまったのだった。
サンプルとして手に入れたけれど、その後タイミングが合わず出さないまま仕舞いこんでいたショールの中に、春らしい柔らかなコットンのものが少量あったのを思い出し、店頭へ出した。インドの布はやっぱり独特の風合いがあって、改めていいなぁと思う。

Check Shawls ¥3,240-