Gabriella Kiss2017.12.15 Friday



豊かな発想から生まれた、彫刻のような佇まい。

New Arrival - Gabriella Kiss

SOURCE Classics2017.12.14 Thursday



クラシカルで、どこか控えめな輝きに魅せられて始まったローズカットダイヤモンドの企画。古代のジュエリーに見られるような深い黄金色が特徴的な22金を合わせ、打ち叩かれた素朴さを残し、普遍的な美しさを目指しました。完成した後も、細かいマイナーチェンジを繰り返し、シンプルなカタチに磨きをかけ、気が付けば、10年間も作り続けているアイテムに成長しました。ようやく定番と呼べる存在になったのではと思っています。

ダイヤモンドは小さくても、眩い光を放ち、その輝きは色褪せることがありません。そして、小さいからこそ、デイリーに楽しみやすいモノであるということも、また魅力のひとつです。美しいモノを常に身近に感じながら過ごすことは、日々を豊かに彩ってくれるはずです。1年が終わろうとしているこの季節に、素敵な出会いがあることを願っています。

すでにお持ちの方は、この機会に是非お手入れにいらしてください。毎日使っていただけるからこそ、汚れやダメージもあるものです。ダイヤモンドの周りを掃除してあげると、初めて手に取った時の輝きを取り戻し、思い出までもが蘇ってくるかもしれません。

SOURCE Classics - Rosecut Diamond


One-Of-a-Kind Diamond2017.12.11 Monday



1点モノを手のする喜びは、ダイヤモンドの輝きと同様、色褪せることがないはず。

One-Of-a-Kind Diamond

BLOOM&BRANCH TOKYO2017.12.09 Saturday



セレクトショップはセレクトしている人の好きがいっぱい詰まっているようで楽しい。ジャンルは様々でも、一貫したスタイルが感じられ、共感することも多くありつつ、新しい発見に恵まれる機会も少なくない。モノだけではない、お店の方とお話をしてみれば、価値観をキャッチボールしているような感覚をおぼえ、自然と心地いい空気が流れていることに気がつく。BLOOM&BRANCHは僕にとって、まさにそんな場所。僕らが扱っているモノにまた違った価値観を感じてもらえる機会になるんじゃないかと、楽しみにしていたイベントが始まった。夜は9時半までやっているので、お仕事帰りにでも、是非。餡子好きとしては、アン・スタンドも一緒にお勧めしたい。

SOURCE jewelry store in BLOOM&BRANCH TOKYO
2017.12.9(sat)-12.25(mon)
BLOOM&BRANCH TOKYO
新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 4F


Stollen2017.12.08 Friday



パリに暮らす友人が作って、送ってくれるシュトーレン。なかなか会えないのに、気にかけてくれていることが、なにより嬉しい。クリスマスまでの楽しみ。

We Wish You a Merry Christmas2017.12.02 Saturday



大切な人の笑顔を思いながら選んだモノ。自分の頑張りを祝うために選んだモノ。想いが詰まったモノを常に身近に感じながら過ごすことは、日々を豊かに彩ってくれるはず。1年が終わろうとしているこの季節に、素敵な出会いがありますように。

We Wish You a Merry Christmas

Autumn Leaves2017.11.30 Thursday



街のイルミネーションも煌びやかになってきているけれど、東京は今が紅葉前線の真っ只中。

砧公園

Gift for him2017.11.25 Saturday



無垢の真鍮だから、ズッシリと重い。毎日持ち歩くものだと分かっているのに「重いのが良い」なんて本気で思っている。そんな男子(自分)の好みを思いながら選んでいるアイテム。共感していただける方、少なくないはずと。

U Keyring - Brass (Carl Aubock)

NUDE / MATS GUSTAFSON2017.11.18 Saturday



ご近所(3軒隣り)のMA2 Galleryでマッツ・グスタフソンの個展が始まった。5年ぶりの展示会はNUDEがテーマ。淡いトーンのグラデーションと曖昧な輪郭、鮮明に映っていないからこそ、魅力的に映る世界もあるのかもと、改めて思ったり。

NUDE / MATS GUSTAFSON
2017/11/17 - 12/27
MA2 Gallery
東京都渋谷区恵比寿3-3-8

New Stones2017.11.13 Monday



9月、石の研磨をしてくれているニーラジさんと会って、打合せ。Pebble Earringsで使用している石は彼のインド(ジャイプール)の工房でカットしてもらっている。自然のカタチをお手本にしているモノなので、もう少し自然らしいランダムな曲線や丸みを表現したいと思っていた。頭の中にあるカタチはあれもこれもと想像が膨らむばかりで、ミリ単位の図面にすることが難しい。けれども、拙い英語とラフなスケッチを駆使しながら、懸命に伝えると、自信ありげな笑顔を返してくれた。それから1ヶ月半、新たに入荷した石たちは、まさに思い描いていたそれ!言葉が伝わったのかは怪しいけれど、気持ちは伝わったみたい。ミリ単位の小さな変化だけれども、個人的には大きな進化。リニューアルしたPebble Earringsが完成。

Pebble Earrings (SOURCE)