SOURCE objects

BLOG

One-of-a-Kind Earrings2018.10.14 Sunday



ニセコで泊まった宿にはロフトがあり、そのロフトスペースが寝室になっていた。朝目覚めると、まず目に飛び込んできた小さな四角い窓、そこに映し出されていたのは深々と降りつづく雪、そしてその先に浮かび上がるアンヌプリの稜線。これから始まる1日がいかに素晴らしいものになるのかを語りかけていたけれど、窓枠の中の世界は現実を非現実のように映しているようにも見えた。TEJが作るピアスを眺めながら、そんな記憶を思い出している。

One-of-a-Kind Earrings - Tej Kothari