SOURCE objects

BLOG

SOBA2018.10.10 Wednesday



妻の実家に帰省し、義理の母に美味しいとお勧めしてもらった蕎麦屋で名物の「板蕎麦」をいただく。その名の通り、ざるの代わりに、四角い箱状の器にそばが盛られて出てくる。2ミリ角くらいはあるだろう太いそばは、豊かな風味とともに、モチモチして噛みごたえがあり、すぐにお腹を満たししてくれた。お会計のとき、そろそろ新蕎麦の季節だと聞いた。確かに帰りの車窓からはすでに刈り取られた田んぼと並んで、黒い身を付けた蕎麦で満たされた畑が素人目に見ても刈取り寸前だと分かった。ふるさとでは今週末が新そば祭りだ。