SOURCE objects

BLOG

SOURCE Classics2017.12.14 Thursday



クラシカルで、どこか控えめな輝きに魅せられて始まったローズカットダイヤモンドの企画。古代のジュエリーに見られるような深い黄金色が特徴的な22金を合わせ、打ち叩かれた素朴さを残し、普遍的な美しさを目指しました。完成した後も、細かいマイナーチェンジを繰り返し、シンプルなカタチに磨きをかけ、気が付けば、10年間も作り続けているアイテムに成長しました。ようやく定番と呼べる存在になったのではと思っています。

ダイヤモンドは小さくても、眩い光を放ち、その輝きは色褪せることがありません。そして、小さいからこそ、デイリーに楽しみやすいモノであるということも、また魅力のひとつです。美しいモノを常に身近に感じながら過ごすことは、日々を豊かに彩ってくれるはずです。1年が終わろうとしているこの季節に、素敵な出会いがあることを願っています。

すでにお持ちの方は、この機会に是非お手入れにいらしてください。毎日使っていただけるからこそ、汚れやダメージもあるものです。ダイヤモンドの周りを掃除してあげると、初めて手に取った時の輝きを取り戻し、思い出までもが蘇ってくるかもしれません。

SOURCE Classics - Rosecut Diamond