SOURCE objects

BLOG

TOKYO2018.12.06 Thursday



当たり前だけど、見渡す限り全部東京だぁ。

Socks2018.11.30 Friday



ずっと探し続けていたわけではないので、少し語弊があるかもしれないけれど、ようやく出会えた。リブ編みの緩いホールド感がちょうどいい心地よさ、この長さが欲しかったと感謝さえ憶える理想の丈、サラリとした肌触りだけれど防寒にもなりえる厚み。最高。早速、次は赤いのを手に入れたいと思っている。チラリと見えた靴下の色や柄が素敵で、ちゃんとスタイリングされていることが憧れだ。

NISHIGUCHI KUTSUSHITA

GIFT2018.11.26 Monday



JOURNALを更新しました。
僕たちが考える「GIFT」について、是非ご覧ください。

JOURNAL 004 - GIFT

dieci2018.11.25 Sunday



古いビルだけれど隅々まで掃除が行き届いていてとても心地がいい、まるで空気を含んでいるかのようにふんわりと畳まれたニットやパンツ、同じお店をする者としてはついつい気になってしまう什器や備品の見事なセレクション(欲しいモノだらけ)。女性モノのお洋服はよく分からないけれど、丁寧に扱われているモノだけが並んでいるということはヒシヒシと伝わってくる。そんな中に僕らが取り扱っているアイテムも一緒に置かれていることが、なによりも嬉しい。

dieci芝川ビル店
大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル305号室

Begining of Winter2018.11.17 Saturday



駒沢公園のイチョウも随分色づいてきた。秋の深まりと同時に冬の訪れを一緒に感じるこの頃。実りある晩秋をお過ごしください。

Dhal2018.11.12 Monday



友人が名古屋でお店をオープンした。はじまったばかりの場所だけど、ずっとずっと考え続けてきた場所。まだ少ないけれど、この場所のために作られたモノがほとんどで、目移りしてしまう。どれもこだわりが感じられ、質問したいことがどんどんと湧き上がってくる。素材や縫製の説明をしてくれる彼女の生き生きとした眼差しをみて、手紙をくれた時の「夢中になれる場所をみつけました」の意味がよく分かった。素敵なお店がひとつ増えました。

Dhal
名古屋市東区東大曽根町37-1 ?松ビル1F

DR.BRONNER'S2018.11.05 Monday



アマゾンで頼めば翌日には手元に届き、近所のドラックストアにも並んでいる。けれども、僕にとってはロサンゼルスで泊めてもらう友人のシャワールーム、ニューヨークのホールフーズの日用品コーナー、そんな風景が思い出される。ラベンダーの香りは楽しい旅の記憶。

Susuki2018.10.25 Thursday



紅葉はもう少し先かな、ススキが綺麗な季節。

Vin Naturel2018.10.21 Sunday



ワインは大好きだけど、ワイン選びは難しい。ブドウの品種やそれによる味の違いは難解で、さらに作り手やその年に採れたブドウのできによって味が変わるとなれば、目が回りそうになる。だから、いまのところ、もっとも賢い選び方は友人のお勧めを素直に聞くことだと思っている。友人が選んでくれたロゼを、母も一緒に家族で飲んだ。葡萄の甘さをたっぷり感じられる美味しさだった。翌朝起きてきた母は「おかげでよく眠れたわぁ」は一番嬉しい感想を言ってくれた。カオリちゃん、ありがとう。

The Wine Store

SOBA2018.10.10 Wednesday



妻の実家に帰省し、義理の母に美味しいとお勧めしてもらった蕎麦屋で名物の「板蕎麦」をいただく。その名の通り、ざるの代わりに、四角い箱状の器にそばが盛られて出てくる。2ミリ角くらいはあるだろう太いそばは、豊かな風味とともに、モチモチして噛みごたえがあり、すぐにお腹を満たししてくれた。お会計のとき、そろそろ新蕎麦の季節だと聞いた。確かに帰りの車窓からはすでに刈り取られた田んぼと並んで、黒い身を付けた蕎麦で満たされた畑が素人目に見ても刈取り寸前だと分かった。ふるさとでは今週末が新そば祭りだ。