SOURCE objects

BLOG

หยั่งเก่า2018.08.18 Saturday



友人夫婦が始めたタイ・カレー屋さんへ。帰省する理由がまたひとつ増えた。

ヤンガオ (Yanggao หยั่งเก่า)
愛知県名古屋市西区花の木3-13-23 クレスト浄心 3F

Hanabi2018.08.05 Sunday



近所の子供たちと花火を。楽しくなっちゃって、両手に花火を持ってグルグルと振り回し、母親たちから叱られる父。花火やキャンプファイヤーでは、ついついはしゃいじゃう。

See-Through2018.07.17 Tuesday



ちゃんと見えているよりも、なんとなく見えている方が魅力的なこともある。涼しげで、セクシー。

MUGI-CHA2018.07.12 Thursday



最近は麦茶作りから1日がはじまる。夏だから冷えた麦茶が美味いのだろうけれど、麦茶を飲むことで、夏をより一層感じようとしている気もする。まだまだ体が夏仕様になれていなく、目下調整中。。寒さ(雪・雪遊び)にはすぐに順応できるのに、暑さは時間が掛かるなぁ。

暑中お見舞い申し上げます。

How to See2018.07.06 Friday



いろいろな国の言葉が飛び交い、さまざまな角度から人や車が出たり入ったり、まるで万華鏡のよう。

東急プラザ表参道

Tamagawa2018.07.02 Monday



パチャパチャっと足元だけの水浴びのつもりが、小魚追いかけ、どこまでも。

Green2018.06.29 Friday







谷川岳へ。梅雨明け前の晴天でたっぷり光合成できた。

GALLERY-SIGN2018.06.21 Thursday



代官山で開催中のSIGNの展示会へ。雨だったこともあり、久しぶりにグッチ(溝口君)とゆっくり話をすることができた。「歴史的な資料なのだから、ちゃんと評価して、残していきたい」そんな言葉を聞いて、自分が恥ずかしくなった。インターネットを通して目にする写真の多さと、一緒に添えられた価格だけで、それらの評価が年々高まっていく様子を感じて、気が付けば少し違う角度から見てしまっていた。。プルーヴェもジャンヌレも、学校や公共施設のために多くのデザインを残した人物。だからこそ、使いやすさや強度、コストを考えて開発されたモノが多いはず。そして生まれた、機能的な美しさ。実際に見て、触れて、改めて感じる、貴重な機会になった。それにしても美しいプロポーションだこと。

GALLERY-SIGN
"MASTERS OF DESIGN" & Made in INDIA
Speak For Space Daikanyama
2018.6.16-24

Los Angeles2018.06.09 Saturday



ニューヨークから始まり、ラスベガス、ロサンゼルスへと巡った13日間の旅。たくさん持ち帰った旅の成果は追々。

The MET2018.05.31 Thursday



旅先では美術館に行きたい。特に朝一は人が少なく、とてもゆったりとした時間が流れていて、気持ちがいい。ニューヨークのような時の流れが早い街だと、なおさらそう感じるのかもしれない。

The Metropolitan Museum of Art