SOURCE objects

BLOG

Ready for Summer2019.04.20 Saturday



朝晩が冷えるのでノースリーブに袖を通すにはまだ早い、梅雨が近づけばサンダルで出かけるのを躊躇する。けれども、首元が開いたカットソーや柔らかな生地のシャツにあわせて、涼しげなネックレスを身に着けてみると、いち早く新しい季節を感じられる。そんなジュエリーの楽しみ方が素敵だと思う。

Necklace with 9kt Gold Clasp by Lena Skadegard

Shibuya2019.04.14 Sunday



オリンピックに向けて、ほんとうにすごいスピードで変化している。駅前はなんだか別の街のようで、そびえ立つ建設途中のビルを見上げながら、しばらく開いた口が塞がらなかった。そのままフラフラと地下道を歩いていたら、軽く迷子になった。

Half Keshi Pearl2019.04.08 Monday



パールの養殖が可能になったのは120年ほど前のこと、それ以前のパールは貝の中から偶然見つかる、まさに宝石という言葉が相応しい存在だった。だからこそ、当時は貴重なパールを半分に切りふたつにして、ジュエリーとして大切に受け継いでいた。養殖技術の発展によって、パールは身近な存在になったけれど、その美しさは今も昔も変わることはない。ケシパールの有機的な輪郭に合わせて仕立てたアイテムたち、パールは半分になっているけれど、その魅力は何倍かになっていると思う。

Half Keshi Pearl

Park2019.04.05 Friday



「時間を見つけて、公園を散歩する。」ニューヨーク育ちのキャスリーンから教わった都市の楽しみ方。あまりにも身近過ぎて、足を運ぶことが少なかったと、改めて思う。春休みの子供たち、歓迎会でBBQを楽しむ大人たち、満開の桜、そしてそれらを照らす西日。春をいっぱい発見した。

木場公園

Contrast2019.03.30 Saturday



ブラス(真鍮)のチェーンをシルバーでロウ付け(溶接)し、シルバーの塊部分と揺れ動くブラスのチェーンが幾何学的な模様を作り出す。直線と曲線、静と動、柔軟性と規則性、金色と銀色、ハンナが作る世界には相反する物事が混在している。そしてそのコントラストに魅力を感じることが、とても興味深い。二面性を持っている人に惹かれる、そんな感覚に近いのかもしれない。

Hannah Keefe

Sakura2019.03.24 Sunday



タコ公園の桜もかなり咲いてきた。五分咲きといったところだろうか。ランチの後に「ひいらぎ」のたい焼き片手に桜を見上げ、季節の移り変わりを記憶しておく。今週は毎日来ないと。

Powder Snow2019.03.22 Friday



晴れ男達のおかげか、昨晩の雪から一転、晴天の旭岳。

旭岳

Trip to Yamanashi2019.03.15 Friday









キャスリーンと山梨へ日帰り旅。

evam eva yamanashi

JOURNAL 052019.03.11 Monday



2005年の春、3か月間をロサンゼルスで過ごして、その時のさまざまな出会いがあって、SOURCEができた。2月からキャスリーンが東京で暮らしている。14年前を思い出し、新しい始まりの予感がしている。

Kathleen Whitaker
Tiny Details, Big Differences

Enclosed Stone Earrings2019.03.05 Tuesday



天然石を金の枠に収めてジュエリーを作り楽しむことは、絵画や写真を額に納めて飾ることと似ているように思う。

Enclosed Stone Earrings - Margaret Solow